2015年05月17日

超小型射出成型機

射出成型機の詳細な写真を列挙しました


金型分解状態
CIMG2169.jpg

成型物取り出しに関わる装置
CIMG2170.jpg

金型切削用NC(プロクソンを改造しオリジナルマインドのTORIOで制御)
CIMG2171.jpg

純正モーターが焼ききれたのでタミヤの高トルクモーターに交換し冷却も追加
CIMG2173.jpg

上1号機(エラストマー用) 下2号機(PP用)
CIMG2175.jpg

ペレット取り込み口 穴が小さいので、バネ付の棒で押し込みます
CIMG2176.jpg

FA機器さん等で購入した中古ソレノイドバルブ
CIMG2183.jpg

溶解部、高温センサーのアンプ回路 配線はシリコーンチューブで保護
CIMG2185.jpg

金型にも温度センサー有り
1号機は200度を超えて使用するので、グラスウールで囲み
シリコンで固めたグラスファイバー布で包んでいます
CIMG2186.jpg

射出はモーターで行い、圧力はバネで調整
CIMG2192.jpg

白い座金はセラミックで、金型の放熱を和らげます
CIMG2193.jpg

CIMG2194.jpg

1号機を逆から撮影
CIMG2199.jpg

CIMG2200.jpg

シリンダー後部
CIMG2210.jpg

CIMG2217.jpg

ヒーターは半田ごて用のセラミックヒーターを多数使用 スイッチング制御で温度調節
CIMG2219.jpg

2号機 
使用温度が180度程度で、現状保温材が少なくシンプル
CIMG2201.jpg

CIMG2202.jpg

CIMG2204.jpg

CIMG2206.jpg

CIMG2207.jpg

CIMG2216.jpg

CIMG2218.jpg

グラスファイバーをシリコンで固めて貼り付け、放熱を和らげる
CIMG2220.jpg

1号機用の金型にはセラミックヒーターが埋め込まれています
CIMG2222.jpg


posted by うさ (うさぴ) at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 機械制御
この記事へのコメント
お尋ね頂いてからだいぶ経ってしまいましたm(. .)m
過去に産業ロボット関係の仕事をしていてプレス金型の制御等は見ていますが、射出成型は2005年頃にネットの情報を元に作っています。
当時は制御ソフトをWINDOWSゲーム用のダイレクトXで作り、PCのプリンター出力のみで制御していました。
現在、FA機器さん等で産業機械用の部品が手に入るので大改造し、耐久性のある装置に仕上がってます。
USBで使える制御用マイコンも充実し、LINUXのGUIで制御ソフト開発も可能になりました。
ただ、プロがやらない設計を沢山盛り込んでいて、商品に出来る仕様にはなっていません。
シリンダーが並列で動作とか、シリンダーをタイマーだけで動作させ、センサー付けないとか
(シリンダーのスピコンを3段回にして実現してます)

非商品ゆえに通常許されない設計が出来るものの
機械工作、電子回路、ソフト開発の3つが必要で更に工作設備と時間がかなりかかります
自分の人件費を計算に含めたコストを考えたら
アルミ金型で少量生産対応の所に頼んだほうが安いとも考えられます
僕の様に半分道楽でやるならとても面白いです



Posted by うさ at 2015年05月17日 23:19
うさぴさん、こんにちは(〃^ー^〃)
更新お疲れ様です。トップ絵がすごく素敵で‼思わずポチっと押してました(*^^*)今日もうさぴさんの素敵絵が拝見できて幸せです(o^−^o)沢山の癒しをありがとうございます(^^)
ロシア流、素敵ですよね(〃^ー^〃)力強くて、心の底に響いてくる世界観に、大学時代からすっかりはまってしまった私です(笑)
あっ、長文失礼致しました。お邪魔しました。
Posted by コバルト at 2015年09月27日 13:10
コバルトさんこんにちわ〜♪
トップ絵気に入って頂けて嬉しいです
涼しくなってきて、絵もピアノも練習しやすくなって気分がのってきました
ピアノの弾き方ですが、独学はとても不効率ですが、なんとか不快感の無い程度になったらな〜と取り組んでます。
そろそろピアノのコーナー作りたいです。
Posted by うさ at 2015年10月10日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/131541528

この記事へのトラックバック