2016年08月29日

店長みさきちゃん その5

布の型が完了しました♪
いよいよボアー(ふさふさしてる布)で作りますよ!

耳からしっぽにかけて可動する骨を入れた事で頭がしっかりしました
CIMG3207_.jpg

このポーズを維持できます♪
CIMG3208_.jpg
これで抱っこするともう可愛いったら (>_<///)

耳も自在です〜!
CIMG3209_.jpg

CIMG3210_.jpg
これがポージング用の骨です。パラボックスさんで手に入ります
お目目はカゼインボタン(ミルクの成分製)にする予定です、適サイズ手配中。

posted by うさ (うさぴ) at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月29日

VIENNA IMPERIAL+PIANOTEQ5

ピアノソフト音源をコーラスさせたら、よりアコースティックに近づいた
2piano.jpg
使用ソフト音源は VIENNA IMPERIAL 及び PIANOTEQ5(Standard)

ヘッドホンで聞いてみてください(音が小さいです)
VIENNA IMPERIAL + PIANOTEQ5


↓単体で聞くとこんな感じ

VIENNA IMPERIAL

調整値
Dynamic Range 0.0


PIANOTEQ5 

調整値
Impedance 1.85
String length,Sympathetic resonance,Duplex scaleを最大
Dynamics 50db,Volume -5db
反響を最大に調整しているので、アタックがなまっています


PCのOUT設定で、IMPERIALはASIO、PIANOTEQはWindowsAudio(ExclusiveMode)に、
レイテンシは良好、オンラインにしているせいか稀にプツッといいます
オーディオインターフェースはROLAND UA−22です


VIENNA IMPERIALはサンプリング音源として最高峰であり素晴らしいのですが、アコースティックを直接聞いた時に比べるとレゾナンスが物足りず、また長時間聞いていると頭が熱くなるような感じがあります。
PIANOTEQ5は透き通る様な爽やかさがあり、レゾナンスに秀でています。しかしアタックにコンピューター生成音らしさが若干感じられます。弦を10Mに出来る等楽しい機能満載ですが、いじるほどアタックがなまり性能を生かしきれません。
そこで、アタックをインペリアルに、レゾナンスをピアノテックに担当させたらどうなるか試してみました。
素敵な結果が得られたと個人的に感じているのですが、いかがでしょうか。

↓恥ずかしすぎる演奏ですが、音の参考になれば
   具合が悪くなる前に止めて下さいね(@_@;)
http://www.ralawan.com/015-0000.MP3
音量が小さくても響きが良いのが、この音源合わせの楽しい所です



posted by うさ (うさぴ) at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月09日

特大リラックマを洗う

某動物園でサルの子育てをしたリラックマがいましたが、
うちの特大リラックマも介護とか色々働きました。
襲いかかったり柔道技を受けたり反撃したり・・・。
今は、寛ぎ間で余生を過ごしてますが、白い部分が茶色になってます。
CIMG0073.jpg

暑くて作業もしていられないので、このリラを洗う事に
まず中綿を取る。背中のチャックがありがたい。
水玉の布に外側からかけたミシン目が見て取れます。
これをほどく。なんて手入れしやすい子。
CIMG0075.jpg

綿は90リットルの袋2枚に放り込む。
手足にはそれぞれペレットの子袋が入ってます。
耳と口には綿止めがあり、形が崩れない様になっているので、
綿量が分かる様に子袋に分けました。
CIMG0077.jpg

耳の裏側にある綿止め。一部取れている。耳パンチとかやってたから・・・・
ミシンで直しておきました。
CIMG0080.jpg

たらいで優しく手洗い、必ず押し洗い。
擦ったり、ねじったりしてはいけませぬ。
CIMG0078.jpg

脱水機にかけて、扇風機で陰干しです。
CIMG0079.jpg

綿を詰めなおして、水玉を縫い合わせ。
CIMG0086.jpg

ピカピカになりました。
CIMG0087.jpg

尚、ほこり取りでブラッシングすると、固まった毛先がほぐれてフサフサになります。
100均だとこういうの。
CIMG0084.jpg
毛足の長いぬいぐるみの手入れにも良いです。やわらかいブラシを付た掃除機で
ほこりを取ってから、ほこり取りで優しくブラッシングすると毛並が良くなります。

posted by うさ (うさぴ) at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記