2016年08月23日

店長みさきちゃんうさぎさん ぬいぐるみ♪

「みさうさや」の店長さん みさきちゃん ぬいぐるみを作らせて頂く事になりました♪

みさうさや 
https://twitter.com/misausaya
https://suzuri.jp/horiomisaki
なんと、巻き込み系アイドル声優の ほりおみさきさんからの依頼であります!
巻き込み系・・・!(°O°///)まきこまれてた

ファンの方々や出会う方々がほっこりしますよう、
ぬいぐるみ作家としてがんばります〜!

ほのぼのするフォルムを立体化すべく、まずは粘土細工で
CIMG3193.JPG
写真で比べるとお口まわりが違ってみえますね。調整してゆきますよ。
OKを頂いたので、これから発砲スチロールと粘土でぬいぐるみサイズを作ります。
型取り"布"を何通りか当てて試してゆきますよ〜 (型紙は伸縮しないのです)


posted by うさ (うさぴ) at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみ

2016年01月29日

VIENNA IMPERIAL+PIANOTEQ5

ピアノソフト音源をコーラスさせたら、よりアコースティックに近づいた
2piano.jpg
使用ソフト音源は VIENNA IMPERIAL 及び PIANOTEQ5(Standard)

ヘッドホンで聞いてみてください(音が小さいです)
VIENNA IMPERIAL + PIANOTEQ5


↓単体で聞くとこんな感じ

VIENNA IMPERIAL

調整値
Dynamic Range 0.0


PIANOTEQ5 

調整値
Impedance 1.85
String length,Sympathetic resonance,Duplex scaleを最大
Dynamics 50db,Volume -5db
反響を最大に調整しているので、アタックがなまっています


PCのOUT設定で、IMPERIALはASIO、PIANOTEQはWindowsAudio(ExclusiveMode)に、
レイテンシは良好、オンラインにしているせいか稀にプツッといいます
オーディオインターフェースはROLAND UA−22です


VIENNA IMPERIALはサンプリング音源として最高峰であり素晴らしいのですが、アコースティックを直接聞いた時に比べるとレゾナンスが物足りず、また長時間聞いていると頭が熱くなるような感じがあります。
PIANOTEQ5は透き通る様な爽やかさがあり、レゾナンスに秀でています。しかしアタックにコンピューター生成音らしさが若干感じられます。弦を10Mに出来る等楽しい機能満載ですが、いじるほどアタックがなまり性能を生かしきれません。
そこで、アタックをインペリアルに、レゾナンスをピアノテックに担当させたらどうなるか試してみました。
素敵な結果が得られたと個人的に感じているのですが、いかがでしょうか。

↓恥ずかしすぎる演奏ですが、音の参考になれば
   具合が悪くなる前に止めて下さいね(@_@;)
http://www.ralawan.com/015-0000.MP3
音量が小さくても響きが良いのが、この音源合わせの楽しい所です



posted by うさ (うさぴ) at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月17日

超小型射出成型機

射出成型機の詳細な写真を列挙しました


金型分解状態
CIMG2169.jpg

成型物取り出しに関わる装置
CIMG2170.jpg

金型切削用NC(プロクソンを改造しオリジナルマインドのTORIOで制御)
CIMG2171.jpg

純正モーターが焼ききれたのでタミヤの高トルクモーターに交換し冷却も追加
CIMG2173.jpg

上1号機(エラストマー用) 下2号機(PP用)
CIMG2175.jpg

ペレット取り込み口 穴が小さいので、バネ付の棒で押し込みます
CIMG2176.jpg

FA機器さん等で購入した中古ソレノイドバルブ
CIMG2183.jpg

溶解部、高温センサーのアンプ回路 配線はシリコーンチューブで保護
CIMG2185.jpg

金型にも温度センサー有り
1号機は200度を超えて使用するので、グラスウールで囲み
シリコンで固めたグラスファイバー布で包んでいます
CIMG2186.jpg

射出はモーターで行い、圧力はバネで調整
CIMG2192.jpg

白い座金はセラミックで、金型の放熱を和らげます
CIMG2193.jpg

CIMG2194.jpg

1号機を逆から撮影
CIMG2199.jpg

CIMG2200.jpg

シリンダー後部
CIMG2210.jpg

CIMG2217.jpg

ヒーターは半田ごて用のセラミックヒーターを多数使用 スイッチング制御で温度調節
CIMG2219.jpg

2号機 
使用温度が180度程度で、現状保温材が少なくシンプル
CIMG2201.jpg

CIMG2202.jpg

CIMG2204.jpg

CIMG2206.jpg

CIMG2207.jpg

CIMG2216.jpg

CIMG2218.jpg

グラスファイバーをシリコンで固めて貼り付け、放熱を和らげる
CIMG2220.jpg

1号機用の金型にはセラミックヒーターが埋め込まれています
CIMG2222.jpg


posted by うさ (うさぴ) at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 機械制御