2013年07月27日

しゅぎょう1

オフ等で配るつもりでカードに描き、集中力をやしなう修行にござる。
ボールペンで線画を描き、コピックで軽く彩色してます。

img007.jpg

img028.jpg

img026.jpg

img021.jpg

img014.jpg

img013.jpg

img012.jpg

img009.jpg
posted by うさ (うさぴ) at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お絵描き

2013年07月08日

生ごみ処理機の修理

生ごみ処理機が故障したので、修理してみました。
尚、火災等の原因になりますので、マネは為さらない様に。
  ( 2014.9.26:加筆 ※要注意※ 家電は自分で修理等行うと保障期間中でも
    保障が受けられなくなります!
    取り説等の始めにある注意書きをご理解の上、この記事を読んで下さいませ。
    マネをして何かあっても責任は取れません。自分は、ほんわか絵描きに見えて、
    過去に某企業にて開発や研究職を勤めてます。)

パナソニックの乾燥式の機械(MS-N53)で、購入から半年程で処理中の匂いが
強くなり、乾燥しなくなってきました。
保証期間中かつ3年延長していましたが、短期間で修理に出す事の方が面倒なので
    <まて
開いて確認してみました。   

問題点は、蓋の内部にあるフィルターにありました。
CIMG0057.jpg

シリコンを切ってパイプを持ち上げると、ぼろぼろのフィルターが現れます。
CIMG0058.jpg

フィルターは簡単にバラバラになりました。
CIMG0061.jpg
よく見ると、元はスポンジ状だった事がわかります。変質して固まり、脆くなっています。
水蒸気だけを通す構造の様です。
尚、パイプ内には1CC程のヘドロが溜まっていました。

スポンジの代わりに100円の茶こしを丸めてフィルターを作ってみました。
CIMG0062.jpg

水蒸気だけを通すようにするため、折りたたんで丸め密にします。
CIMG0063.jpg

パッキンと合わせ、部品と結合し、元通りにシリコンで固めます。
CIMG0064.jpg
尚、上部にステンレスらしきテープでセンサーを貼りますが、かなり重要な部品でしょう。
取り付けが悪いと加熱しすぎるとか、火災の恐れも考えられます。

さて、修理後、数日使用していますが、匂いが無くなり乾燥も良好です。
気温が上がったこともあってか、ソフトモードでカラカラに乾燥します。
安全の為しばらく使用してから、分解してヘドロが溜まっていないか等
確認してゆきます。(後日追記します)
以前にもパナソニックの処理機を使用していましたが、とてもタフで5年間使いました。
毎日、大人4人分の生ごみを処理していますが、新型が半年で故障したのは残念。
新型は匂いが少なく素晴らしい技術だと思うのですが、フィルターの耐久性に問題が有るようです。
徐々に改善してゆくメーカーなので早期の改善を期待です。
また、メーカーサービスで部品交換する事で、改良品が装着される事もあるでしょう。
  (希望的に)
問い合わせていませんけどね・・・・ 
  (2014.9.26:加筆 後日問い合わせをして、返答をコメントに掲載しました。)

尚、この機械の前は、日立(ECO-VS30)を使っていましたが、一年程使用したところで
ギアが割れました。複数の紅茶パックの糸が絡んだ為だったか。
CIMG0051.jpg
小さい方のギアが2つ飛んでいます。ベルトの伝動も使っているので、
調整次第では過負荷時にスリップするのでしょうが、
歯車が細かすぎて先に割れたのでは・・
モジュール0.8の23歯の歯車が合いそうなので部品を手配しました、
こちらも後日修理します。

日立の処理機は容量が大きいですが、ついつい負荷をかけない様に注意ですね。

余談ですが、使いかけのシリコンを保管する時に、アルミテープを使用すると持ちが良いです。
CIMG0070.jpg


<追記:2013.10.31>
 フィルターをステンレスに替えてから4ケ月近く経ちましたが、未だ匂いがほとんどなく
あまりに順調なので使用継続しています。
夏場は通常のゴミに加えスイカの皮1/2個分が連日加えられ、
最近はミカンの皮が10個分位放り込まれています。
ソフトモードで程よく乾燥しています。

<追記:2014.9.1>
未だ匂いが無く順調。できれば年に一回解体して、細かな掃除や錆び処理等すると
寿命がかなり伸びるのですが、通常の掃除でも状態が良い状況。
最後にシリコンスプレーをかけた布で表面を拭くと、汚れが付きにくくなります。

尚、使用電力を抑えるため、今年の春頃から生ごみの半分を畑のミミズさん達に
直接処理してもらい、機械の負担は減っています。
機械で乾燥したものをコンポストで熟成させてから畑に混ぜるのを基本としてますが、
畑のミミズが大繁殖したので、生のまま埋めても悪臭が出たり、ハエやアブが発生する
事がないです。ただし、畑が小さいので量を抑えています。

<追記:2015.4.14>
匂いが出始め、乾燥しにくくなったので、昨日メンテナンスを実行
ステンレスメッシュが目詰まりしていました
分解清掃して復活し、昨日の晩から順調に運転しています
問題のフィルター部分は、掃除機のフィルター同様に定期的な清掃や交換が
容易な構造にすべきですね。これさえ改良されれば完璧な商品になります。

posted by うさ (うさぴ) at 13:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月07日

コンポストのゆるキャラ化

ガーデニングにとって、コンポストは見栄えがちょっとよくありませんが、
ゆるキャラ化することで存在感が変わります。
CIMG0071.jpg
マジックで顔を描いただけですが、これだけで楽しい存在に変身・・・・
いかがでしょうか。

ちなみに、ビニールテープを巻いていますが、虫の発生を完全に抑える為のもので
生ごみ乾燥機で数か月作り貯めた乾燥物を、コンポストへまとめて投入しテーピングしています
投入の際、発酵促進剤として鶏糞と古くなった畑の土を混ぜています。
コンポストを2つにして入れ替え時期をずらし、発酵時間を長くしています。

posted by うさ (うさぴ) at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング